PAL

2010年6月に11 1階へリニューアルオープンした「PAL」。
何と言っても特徴的なのは、明るく広々としたキレイな店内。
「敷居は高くないお店ですよ」と典子ママ。

郡山駅前1-4-13 エリート11 1F 入居 平成22年6月
PAL 代表 伊藤 典子様
陣屋と言えば、エリート11。
エリートさんには昭和58年からお世話になっています。
「PAL」は郡山駅前(陣屋)の顔とも言えるエリート11の5階へ初めて入居させていただいてから、3階から2階へ、そして2010年6月に1階へと移転してきました。まさにエリートさんと共に歩んできた四半世紀です。今もって変わらず「エリート11」は「陣屋一番の飲食店ビル」という形容がよく似合います。それに恥じないお店でありたい、という気概で日々頑張る毎日です。
メンテナンスサービスの質の高さが分かる。
隅々まで行き届いたエリートさんのビルメンテナンスのクオリティには驚かされます。
例えば、階段シートの一部が少し剥がれているな・・・と気付けば、翌日出勤した時点では既に直っています。すごい!と驚かされます。毎日、注意して点検していなければ気付けないことですよね。真夜中の設備トラブルで困った際にも駆けつけてきてくれた思い出もあります。
こういったエリートさんのメンテナンスサービスの質の高さが分かるのは、やはり、よそのビルを経験してきたから。一番最初にエリートさんにお世話になったオーナーさん達は比較のしようがないから、これが当たり前、と思っているかも知れませんね。
長年経っても廃れないビルづくり。
何度かの店舗リニューアルを経てきましたが、その都度、私どもと設計デザインの先生との打ち合わせに参加していただき、的確なアドバイスを頂戴しています。内装デザインはもちろん、照明がまぶしいんじゃないか、掃除がしにくいんじゃないか、とお客様、そして、そこで働く私たちスタッフ側の目線でもアドバイスしてもらっています。
何十年も変わらず、ビルのイメージが陳腐化しないのは、こうしたエリートさんの筋の通った価値観の賜物、と思わずにはいられません。