ワインスタンド RunaDen(ルナデン)

気軽にワインに親しんでもらいたい、がコンセプト。
ワインスタンドは店主の造語。ワインバーでも酒場でもなく、
上質なカジュアルを提供したい店主の想いが込められています。
グラス1杯で十分な方には3種飲み比べセットがオススメです。

郡山市駅前1-6-15 エリート6 1F 入居 平成29年6月
ワインスタンド RunaDen(ルナデン)
店主 槻田 ゆう太様
物件との巡り合い。
東京の世田谷にあるレストランでソムリエをしていました。震災後ですね、故郷に戻ろうと思ったのは。何か1人でできることはないかな、と考えた時に、今持っているノウハウをリセットする必要もなかったので、結果的にワインが提供できるお店になりました。
しかし、そもそも(郡山に)戻って直ぐに開業しよう、とは考えていなくて…。アルバイトをしながら、駅前をぶらぶら歩いて、将来の店舗候補地を想像したり。駅前の飲食事情を調査するぐらいの意識でしたね。実はこの店舗、後からエリートさんの物件だということがわかったのですが、何気に目に留まっていた物件だったんです。
そこからは縁があったのかな、と思います。知人が設計士をやっていたので、物件だけでも見るだけ見たら?みたいな流れで。中を見せてもらって。
「RunaDen」だからこそフィットする場所。
この物件に出会わなかったら、まだ店ははじめていなかったかも知れませんね。この物件が一番ピンときた理由は、路面店で10坪以内、という自分の条件に合ったところ。駅前という意味では間違いなく駅前なのですが、当然もっと目立つ場所はあります。繁華街から数メートル入っただけですが、雰囲気のある「路地裏感」を纏うのがこの場所です。ちょっと覗いてみたくなるお店になったような気がします。数多いエリートさんのテナントの中でもこの場所は「RunaDen」のような店だからこそフィットするのかも知れませんね。
エリートさんに良い意味で背中を押してもらった。
この場所でやってみよう!と決めたひとつの理由にエリートの会長さんや担当者さんに良い意味で背中を押してもらったいうところもありますね。こちらとしては、物件探しをはじめたばかりで、開業はまだまだ先の話と思っていましたから。飲食店プロデュース経験の豊富なエリートさんから、ちょっと自信もつけさせてもらったりして(笑)。タイミングとか縁とかもあるのかな、と思えてきたんです。図面段階ではエリートさんからのアドバイスもありました。オープン後は会長さんがイイ感じに出来たなぁ!なんて覗きにきてくれたりして。まだオープン半年ですが、暖かく見守ってもらえていると感じています。
お店の情報:RunaDen Facebookページ
https://www.facebook.com/Runaden/
お店の紹介
ソムリエ店主曰く「だいぶリーズナブルにやってます!」とのこと。コンセプト通りに気軽に本格ワインが楽しめるお店。白、赤、シャンパン、様々な種類のワインが豊富にあり、グラス一杯からご提供できます。チーズ盛り合わせ、お袋煮玉子などカジュアルなおつまみも人気。あまり飲み慣れてはいないけれど、ワインにもチャレンジしてみたいな、という方には、3種飲み比べセットがオススメです。